南米ペルーのアマゾン地域に暮らす少数民族、シピボ族(shipibo)と伝統工芸の泥染めについて

shipibo シピボ族の泥染め01

南米ペルーというと、日本では世界遺産のマチュピチュ遺跡が有名ですが、実はペルーの国土の60%以上がアマゾン地帯に属しています。アマゾン河流域にはペルー全体で約30万人、60部族もの先住民が暮らしています。シピボ族(shipibo)はそのうちの一部族で、各流域にいくつもの集落を作って暮らしており、その中でも工芸品として泥染めの布を作り続けていることで知られるのが、サンフランシスコ村のシピボ族の女性たちです。

「アマゾンの泥染め」は、ペルーアマゾンの先住民族による伝統工芸で、今も細々と受け継がれている希少価値の高い染め物です。シピボ族の泥染めは、木の皮の樹皮を煮出した染料に含まれるタンニンと、森の奥地から採取する特別な泥に含まれる鉄分が結合して、フリーハンドで描かれる幾何学模様のデザイン部分のみを黒く酸化発色させて作られています。

shipibo シピボ族の泥染め01

シピボ族の泥染めは、ベースが茶系のものと白系のものに大別されますが、木の皮の樹皮を煮出した茶色の染料で布全体を染めた後に泥でデザインを描く下地が茶系のものと、木の皮の樹皮を煮出した染料でデザインを描いた上から全面に泥を塗りつけ、最後に泥を洗い落とすモノトーンの白系と、実はこの2種類は全く異なる工程を経て作られいます。

泥染めはアマゾン地域の他にアフリカや日本の奄美大島などでも行われていますが、シピボ族の泥染めはタンニンと泥の鉄分の酸化反応が強く、幾何学模様をを描き込む最中から黒色に反応していくようです。その柄は素朴でプリミティブですが、現代のグラフィックデザインようにも見え、野趣と緻密さ、グラフティのような強いインパクトとちょっとトボけた柔らかい表情、相反するイメージが同居する、不思議な趣きのあるものになっています。

shipibo シピボ族の泥染め03
*ウコンで一部着色したものや白系でも茶系でもない珍しい紫グレーのような微妙な色合いのもの

一口にシピボ族の泥染めといっても、作る方によって柄や染の良し悪し、丁寧さに違いがあるようで、のROUND ROBIN では、長くペルーに在住し、リマでシピボ族の暮らしや文化を紹介する「アマゾン屋」を運営し、シピボ族の方々とも家族ぐるみのお付き合いのある、AYAさんにご協力いただき、シピボ族の泥染めのなかでも非常にクオリティの高いものを選ばせていただいています。

AYAさんは実際にシピボ族の方々とやり取りを重ねながら、あらたな生地や染を試し、さらに泥染めを現代生活に取り入れやすいようにと、様々なサイズや用途、加工などを取り入れて、シピボ族の文化や歴史を守ろうという活動をされています。

ROUND ROBIN では、そんなAYAさんの思いも大切にしながら、現代のインテリアやライフスタイルに加える新たなスパイスとして、シピボ族の泥染めをみなさまにご紹介していきたいと思っています。

シピボ族の泥染め一覧はこちら

 



オールドキリム&アンティークキリムのヴィンテージキリムのクッションカバーが入荷しました!

old kilim cushion オールドキリム アンティークキリム ヴィンテージ クッションカバー

製作時期から50年を過ぎたオールドキリムや100年もののアンティークキリムのなかには、
補修を繰り返してもラグとしてはもう使えないほど擦り切れてしまうものがあります。

ラグや、らくだやロバの背などに乗せ、生活日用品・衣類・寝具や食料を入れて運ぶためのサドルバッグ(鞍袋)や、敷物としてはもうお役御免となったキリムの状態の良い部分を使用し、日本で縫製をして丈夫なクッションカバーに仕立てたヴィンテージキリムのクッションカバーの発売がスタートしました。

大きなラグサイズの場合、市場に出回ること自体希少なため、かなりのお値段になってしまうオールドキリムやアンティークキリムも、45cm角のクッションカバーサイズでは、取り入れやすい価格帯でヴィンテージキリム特有の日に焼けて枯れた味わいを気軽にお楽しみいただけます。

色落ちや柄ゆきが格段におしゃれでクールなヴィンテージキリムのクッションカバーばかりをセレクトして来ましたので、ぜひチェックして頂ければ幸いです。

50年〜100年もののオールドキリムやアンティークキリムをインテリアのアクセントに。

キリムラグ・キリムクッションカバー 一覧

 



浜田庄司・芹沢銈介・外村吉之介 著「世界の民芸」 が入荷しました。

世界の民芸01_01

1970年から翌年にかけて『週刊朝日』誌上にて、浜田庄司・芹沢銈介・外村吉之介がリレー形式で連載した企画をまとめた一冊。

北中南米、ヨーロッパ、アジア、南太平洋、アフリカなどを中心に、浜田庄司・芹沢銈介・外村吉之介等の豊かなコレクションから選びぬかれた海外民芸品を3人の簡潔な解説と菅野喜勝の美しい写真で紹介した、海外の民芸品のバイブルとも呼ぶべき名著です。

こちらよりぜひご覧ください。
世界の民芸 浜田庄司・芹沢銈介・外村吉之介 著

その他のBOOKS 古書一覧

 



古書 利根山光人 著「メキシコの民芸」 が入荷しました。

メキシコの民芸01_02

メキシコ美術研究家としても知られ、メキシコを題材とした情熱的な作品を数多く残し、太陽の画家と呼ばれた美術家、利根山光人によるメキシコの文化とフォークアートを解説した超大判の一冊。

オアハカの織物やトナラの焼物、メテペックの生命の樹など、大判ならではの迫力のある写真と、挿絵として利根山自身の素晴らしいスケッチも随所に散りばめられており、メキシコのお祭りや地域ごとの特性に触れながら、数多くの素晴らしい民芸品を紹介した本です。

こちらよりぜひご覧ください。
メキシコの民芸 利根山光人 著

その他のBOOKS 古書一覧
 



柳宗理デザイン Habitat ハビタ社 エレファントスツール ホワイトFRPモデルが入荷しました。

柳宗理デザイン Habitat ハビタ社 エレファントスツール ホワイト

1954年に日本を代表するプロダクトデザイナー・柳宗理によってデザインされたエレファントスツール、現在は生産されていないハビタ社で復刻されたFRP製のホワイトカラーモデルになります。

こちらはコトブキ社製の生産中止後、2001年にトム・ディクソンがデザインディレクターを務めていたイギリスのハビタ社で復刻されたもので、コトブキ社製のオリジナルと同じくFRPで成型されたモデルです。現在は、デザイン誕生から50周年を迎えた2004年に、Vitra(ヴィトラ)社から環境に考慮された素材のポリプロピレン製のモデルが再復刻生産されています。

経年による擦り傷、脚の接地部分の細かなカケがございますが、スタッキング用の座面裏のクッションや当時のラベルも綺麗に残っており、日常使いには問題のないコンディションです。

こちらよりぜひご覧ください。
Habitat ハビタ社 エレファントスツール ホワイトFRPモデル

その他のユーズド・ヴィンテージ一覧

 



柳宗理デザイン Habitat ハビタ社 エレファントスツール ブラックFRPモデルが入荷しました。

柳宗理デザイン Habitat ハビタ社 エレファントスツール ブラック

1954年に日本を代表するプロダクトデザイナー・柳宗理によってデザインされたエレファントスツール、現在は生産されていないハビタ社で復刻されたFRP製のブラックカラーモデルになります。

こちらはコトブキ社製の生産中止後、2001年にトム・ディクソンがデザインディレクターを務めていたイギリスのハビタ社で復刻されたもので、コトブキ社製のオリジナルと同じくFRPで成型されたモデルです。現在は、デザイン誕生から50周年を迎えた2004年に、Vitra(ヴィトラ)社から環境に考慮された素材のポリプロピレン製のモデルが再復刻生産されています。

経年による擦り傷、脚の接地部分の細かなカケがございますが、スタッキング用の座面裏のクッションや当時のラベルも綺麗に残っており、日常使いには問題のないコンディションです。

こちらよりぜひご覧ください。
Habitat ハビタ社 エレファントスツール ブラックFRPモデル

その他のユーズド・ヴィンテージ一覧

 



ROUND ROBIN FOLK CRAFT オンラインストアがオープンしました。

ROUND ROBIN FOLK CRAFT

ROUND ROBIN FOLK CRAFT は母体である ROUND ROBIN では紹介が難しかった、ヴィンテージの家具やフォークアート、ハンドクラフトなど、一点一点表情の異なるものたちを中心に、手仕事やその過程の文化を感じられるモノたちをご紹介するショップです。

フォークアートや手仕事の民芸品は、これまでそれぞれの専門店で紹介されることが多く、なかなか一般化しない状況が続いてきました。ROUND ROBIN FOLK CRAFT では、作られた地域や年代を横断して、現代の私たちの暮らしの中に、フォークアートや手仕事の民芸品を少しづつ取り入れて頂くことを目指しています。

手仕事は文化です。世界中のこれまで知らなかった手仕事や文化に触れ、そしてそれらを身近に感じながら生活するという、とても豊かな体験のお手伝いができればと思っています。

ROUND ROBIN FOLK CRAFT

ROUND ROBIN FOLK CRAFT STAFF BLOG
 

公式アカウント

LINE http://bit.ly/296ot1B
Twitter https://twitter.com/rou_rob
Facebook https://facebook.com/roundrobin.jp
Instagram http://instagram.com/rou_rob

ROUND ROBIN TOKYO SHOWROOM
〒1040033 東京都中央区新川1-9-2 新一ビル4F Google maps

*日曜日限定オープン 13:00-20:00(不定休)
平日のお越しをご希望の方はフォームよりお問い合わせください。

 



Design house stockholm Family chairs お安くなって再販スタート!

北欧の人気インテリアブランド、Design house stockholm(デザインハウスストックホルム)
4種のシルエットがおしゃれなスティックバックチェア、Family chairs(ファミリーチェア)が
お値段もリーズナブルに、一脚からお選び頂ける仕様に変更されて帰ってきました!

Design house stockholm family chair デザインハウスストックホルム ファミリーチェア

Family chairs(ファミリーチェア)は、北欧の伝統的なスティックバックチェアを
現代のインテリアにも合わせやすく、モダンなシルエットにデザインしたシリーズ。

家族それぞれがダイニングで自分のマイチェアを選ぶも良し、
また、少し小ぶりなサイズ感なので、ベッドサイドなどでサイドテーブル代わりにしたり、
作業用の椅子に一脚チョイスしても素敵なインテリアを演出してくれます。

再販カラーはブラック&ホワイトの2色展開。
以前は2脚セットの販売でしたが、一脚ずつの販売が可能となり、
さらびお値段も大幅にお値下げされてお買い求め頂きやすくなりました♪
住宅のインテリアにはもちろん、カフェやレストランなどの店舗でのご使用もオススメです。

Design house stockholm family chair デザインハウスストックホルム ファミリーチェア

DESIGN HOUSE STOCKHOLM FAMILY CHAIRS

WHITE(ホワイト)はこちら
BLACK(ブラック)はこちら

 



省エネ電球型蛍光灯 PLUMEN 001 再販スタート致します。

初期不良が相次いだことから、改良品の生産に入り、長期欠品となっていた
省エネ電球型蛍光灯、PLUMEN (プルーメン) 001がようやく再入荷致します!

デザイナーズ省エネ電球 baby plumen

ファブリック照明ケーブル ラインミー&プルーメン

2本の発光管が絡み合い、どの角度から見ても美しいデザインのPLUMEN(プルーメン)は
白熱電球へのオマージュを込めた世界初のデザイナーズ省エネ電球型蛍光灯。

既存の照明器具との新しい関係性を生み出すにとどまらず、ランプシェードさえも必要としない
新しい照明のあり方を提示し、発表以来数々のデザイン賞を受賞している照明です。

デザイン性に富んだPLUMENは様々な照明の電球として用いられていますが、
一例はこちらのFacebookアルバムでご紹介しておりますので宜しければご参照下さい。

また、商品の出荷は7月上旬頃からの予定でおりますが、
詳細が見え次第ご連絡させて頂きます。

現在ご予約注文可能となっておりますので、宜しければご利用ください。

PLUMEN 001