クリスマスにもアウトドアにも。Holmegaard(ホルムガード)の美しい吹きガラスのランタン、Design with Light

先週のNordic Lifestyle Marketでも人気者だったHolmegaard(ホルムガード)の美しいガラスのランタン、Design with Lightが入荷しました。

Holmegaard Lantern Clear:ホルムガード 吹きガラス ランタン design with light

吹きガラスにシンプルな革の取っ手がついたランタンは、クリスマスやアウトドアにはもちろん、お部屋からベランダへ、窓際からベッドサイドへと移動も簡単。好きな場所で好きな時に、キャンドルの灯りでゆったりとした時間を過ごしたり、おもてなしの席に華を添えたり。様々なシーンで活躍します。

Holmegaard(ホルムガード)の美しいガラスのランタン、Design with Light

Holmegaard Lantern Clear:ホルムガード 吹きガラス ランタン design with light

Holmegaard Lantern Clear:ホルムガード 吹きガラス ランタン design with light

尚、マットなフロストガラスのタイプは本国での廃盤が決定し、本国の在庫限りで販売終了予定となりますので、フロストタイプをご検討の方はお早めにご連絡ください。

Holmegaard Lantern Clear:ホルムガード ランタン クリア

Holmegaard Lantern Frosted:ホルムガード ランタン フロスト

 


北欧カラーとシックなモノトーンのtempo(テンポ)モビール サークルワルツ

風を受けた異なるサイズの3つの輪がシャボン玉のようにフルフルとたゆたい、
ワルツを踊るモビール、circle waltz(サークルワルツ)が入荷しました。

tempo mobile circle waltz テンポ モビール サークルワルツ

北欧のインテリアや町並みを彷彿とさせるちょっとキュートな印象のブルー×ミント×イエローの爽やかで優しいカラーは、柔らかなシャボン玉のような印象で、北欧インテリアとの相性はもちろん、子供部屋や授乳室、待合室などにもおすすめ。

また、新たにモノトーンのクリアも登場。シックでモダンなインテリアにもご提案しやすく、お引越し祝いやお店の開店祝いに、また、空間の印象を柔らかい印象にするモビールは、開院祝いの贈り物としてもおすすめです。

tempo mobile circle waltz テンポ モビール サークルワルツ

tempo / circle waltz color テンポ モビール サークルワルツ

 


美しい北欧の吹きガラスのフラワーベース、Lyngby Porcelæn FORM

デンマーク・コペンハーゲンの北にあるコンゲス・リュンビューで1936年に創業。デンマークデザイン史上でも確立された存在である磁器メーカー、Lyngby Porcelæn(リュンビュー ポーセリン)。

当時主流だった装飾的な磁器とは対照的に、ドイツのバウハウス運動の影響を強く受け、シンプルさと機能性の思想を取り入れたデザインで人々に新鮮な驚きをもたらし、多くのファンを持ちつつも創業からわずか33年で工場を閉鎖。蚤の市でも当時のオリジナル品を入手するのは困難なほど現在も高い人気を誇るブランドです。
その後、40年の時を経て2012年に生産を再開し、ローゼンダール・デザイングループが運営を引き継ぎ、日本でも発売がスタートしました。

ROUND ROBINには、丈夫でエレガンス、かつシンプルなデザインで知られるLyngby Porcelæn(リュンビューポーセリン)のアイテムの中でも当時人気を博した3種類を吹きガラスで製作したシリーズ、FORM(フォーム)が入荷して来ています。

LYNGBY PORCLÆN LyngbyPorcelain form リュンビューポーセリン ガラスベース 花器 花瓶

ひとつひとつ吹きガラスの味わいのある肉厚なガラスに、開口部のシャープな切り口が洗練された印象で、そのままでもオブジェのような美しい佇まい。
文字通り、インテリアに花を添えるフラワーベースです。

ショップ店頭でもご覧頂けますが、誠に勝手ながら8/11〜8/13までは夏期休業のためお休みを頂きますので何卒ご了承お願い致します。

LYNGBY PORCLÆN FORM:リュンビュー ポーセリン フォーム

 


MOEBE FRAME White ムーベ フレーム ホワイト 全サイズ入荷

ELLE DECOR(エルデコ)8月号「北欧デザイン 最新案内」の
注目の新世代デザイナーとしても取り上げられ、
今や世界中の注目を集めている新進気鋭のデンマークのプロダクトブランド、
MOEBE(ムーべ)を代表的する人気アイテム、FRAME(フレーム)のホワイトが入荷しました。

MOEBE FRAME ムーベ 北欧デザインフレーム ピクチャーフレーム ポスターフレーム 額

ホワイトは、ゴムも白のため、色壁にはアクセントに、白色の壁にはゴムもフレームも溶け込み、
フレームに飾る絵や写真そのもののみが浮き出るようにフォーカスされます。

MOEBE FRAME White ムーベ 北欧デザインフレーム ピクチャーフレーム ポスターフレーム

サイズはA5からA2までの4サイズ展開。
現在、ブラック、オークともに在庫揃っています。

MOEBE FRAME White:ムーベ フレーム ホワイト

 


北欧の暮らしに学ぶライフスタイルのマーケット|Nordic Lifestyle Market 2017 Season 06 : Spring

特別豪華ではないけれど、とても豊かな毎日を送っている北欧の暮らし。
何が日々を豊かにしているのか? 人と社会の関係をつくり出す要素とは何だろう?
Nordic Lifestyle Marketは青山の国連大学中庭・屋根下で年に4回開催される
北欧のライフスタイルにインスパイアされたマーケットです。

ROUND ROBINは今回、北欧デザインの照明やおしゃれ照明アイテムや北欧ユーズド家具、
CHEMEX(ケメックス)をはじめ、ウェブでまだ発売出来ていないお勧めのコーヒー道具、
国内外を問わず、モノ作りの背景に思いを馳せる美しい手仕事の民芸品など、
インテリアに気軽に取り入れ、ちょっと心が豊かになるようなアイテムをご紹介致します。

今週末の土日は茅場町ショップをお休みさせて頂きますが、
ぜひ青山、国連大学のFarmer’s Market(ファーマーズマーケット)を覗きがてら
Nordic Lifestyle Marketに遊びにいらしてください。

【開催概要】
名称:Nordic Lifestyle Market|Season 06 : Spring 2017
日時:2017.03.25土|2017.03.26日 10時から16時まで
場所:国連大学屋根下&中庭
住所:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70
入場:無料

Nordic Lifestyle Market ノルディックライフスタイルマーケット

 

Norwegian Icons Dokka Pendant ドッカ ペンダントランプ SHIPIBO シピボ 泥染布×北欧インテリア 松本民芸家具 #77型曲肘イス(ガマ座)1シーター

ー商品紹介ー

1: 北欧照明
豊かな自然の影響を受けた北欧らしい色彩感覚や感性が生かされた様々な素材の美しい照明たち。ヴィンテージを復刻したレトロな照明から、New Nordicと呼ばれるモダンな照明、照明を楽しむための便利グッズやおしゃれな電球もご用意します。
電球:¥600~

2:コーヒー道具
長く厳しい冬が続く北欧の生活に欠かせないコーヒー。家の中でゆったりとハンドドリップを楽しむコーヒー道具やテーブルウェアからアウトドアにおすすめのマキネッタまで、国内外を問わず、コーヒータイムが楽しくなるような美しく機能的なコーヒーアイテムを揃えました。
メジャースプーン:価格¥800~

3:民芸品
今も昔も、あたたかな国も極寒の地域も、丁寧に作られた手仕事の民芸品にはどこか通じる手のぬくもりがあり、それぞれの物語があります。感性に響いたものを自由に暮らしに取り入れ、豊かな暮らしのひとこまに。
前回大人気だった小鹿田焼(おんたやき)もお持ち致します!
器:価格¥600~

Nordic Lifestyle Market ノルディックライフスタイルマーケット

 


シンプルな北欧の木製ピンチ、MOEBE PINCH(ムーベ ピンチ)入荷しました

ポストカードや写真、メモのクリップに。ナチュラルなインテリア小物として活躍するシンプル至極のオーク無垢材の大きなピンチ、MOEBE(ムーベ)PINCH(ピンチ)が入荷しました。

MOEBE PINCH ムーベ ピンチ 北欧インテリア 壁付け 壁掛けフック

オーク無垢材の木製パーツ2つに黒いゴムのみのシンプルを極めた北欧インテリアブランド、MOEBE(ムーベ)のPINCH(ピンチ)。

ステーショナリーとして写真やポストカード、メモなどをクリップするのにはもちろん、木製のグリップの片側にあけられた小さな穴を利用して、細いピンや画鋲で壁に取り付けができるため、キッチン小物を掛けたり、ドライフラワーを飾ったり、スカーフやアクセサリー、キーフックに使ったりと、壁面のインテリアとしても大活躍してくれる大きなサイズの木製ピンチ。

また、ピンチ自体が自立するため、グリップ部分を下向きにすればそのままカード立てにもなる優れもの。結婚式やパーティでお客様の名前を記載した席札(ネームカード)に使用したりしてもお洒落な演出ができそうです。

欠品必死の人気アイテムですので、お早めのチェックをお願い致します。

MOEBE(ムーベ) PINCH(ピンチ)

 


旅行にも新生活にも。toe to knee(トートーニー)シンプルおしゃれな一枚革のレザースリッパ

初春月 (はつはるづき)とは良く言ったものだなと思う
春のようなあたたかな日がやってくると、もう春が待ち遠しくて待ち遠しくて。
春までは、あともう一ヶ月というところでしょうか。

ラウンドロビンには、toe to knee(トートーニー)の一枚革のスリッパが再入荷してきました。

トートーニー 一枚革のスリッパ レザースリッパ 革製 ルームシューズ toe to knee one-piece slippers

冬のキーンと冷えたモルタル床やフローリングでお使い頂く場合は厚手の靴下が必需品ですが、靴下のような薄手の革が足に馴染んで足の形にフィットするため、冬は床暖房のあるお部屋や、カーペットの上で。
春からの新生活にはもちろん、かさばらずとても軽量なので、旅行や参観日などにも重宝する一枚革のおしゃれなスリッパ。

男女を選ばないシンプルかつユニセックスなデザインで
お引越し祝いやプレゼントにもおすすめです。

toe to knee one-piece slippersトートーニー 一枚革のワンピース・スリッパ

また、ROUND ROBINは今週末の日曜日も午後13時過ぎからお店オープンとなります。
店頭ではお試し履きも可能ですので、ぜひお気軽にお立ち寄り頂ければ幸いです。

ROUND ROBIN Tokyo showroom
東京都中央区新川1-9-2 新一ビル4F Google Map

 


メキシコの民芸、OAXACA Wood Carving オアハカのウッドカービングが少量入荷しました。

オアハカウッドカービング

1970年代頃のメキシコ、オアハカで作られていたウッドカービングを、彫りの雰囲気や塗装など、当時の製法にこだわって復刻した、ビンテージ感溢れるウッドカービングが入荷しました。その顔つきや体のバランスはメキシコならではの造形です。今回はジャガーチキンヘッドゼブラターキーバードの4種類が入荷しました。

70年代頃のメキシコのオアハカで作られたウッドカービングの鳥や動物は、Alexander Girard(アレキサンダー・ジラルド)をはじめとした世界各国のデザイナーやコレクターをも魅了し、日本でも濱田庄司記念益子参考館など様々な民芸館でも所蔵されているのを見ることができます。

世界の民芸
チキンヘッドゼブラ書籍「世界の民芸」(浜田庄司・芹沢銈介・外村吉之介 著)にて当時のオリジナルを見ることができます。

ビンテージジャガー
こちらは濱田庄司記念益子参考館に展示してあったビンテージのジャガー

木工のテクニックが上がり、発色が良く、色褪せないアクリル塗料で細部まで緻密な模様や毛並みが描かれたものが多い現代のオアハカのウッドカービングとは異なり、彫りのラフさや当時のアニリンペイントにまでこだわり、どこかとぼけた愛らしい雰囲気まで忠実に再現したこちらの復刻版ウッドカービングは、木の乾燥や酸化等の経年変化によってビンテージの味わいをお楽しみ頂くことができます。

世界中の手仕事の生きた民芸品や日本家屋などに相性がいいのは言うまでもありませんが、気取らない愛嬌のある木彫りの動物たちは、現代の暮らしの片隅にあっても、ふと目に入っては微笑ましく瑞々しい存在で、インテリアを飾ってくれると思います。

OAXACA Wood Carving メキシコ オアハカ ウッドカービング 一覧

 


アフリカの美しい藍の色。ヨルバ族の藍染め、アディレ・エレコの布。

ナイジェリア ヨルバ族の伝統的な藍染布、アディレ・エレコ

ナイジェリア ヨルバ族の伝統的な藍染布、アディレ・エレコを使ったアイテムが入荷しました。

アディレ(Adire)とは、ナイジェリアに住むヨルバ族の言葉でTie-dye、つまり絞り染めを意味します。その名の通りもともとアディレは絞りの布でしたが、型染め、手描き、ミシン絞りなど時代とともに技法が増え、今ではヨルバ族の防染された藍染布の総称になっています。

そんな多様なアディレのなかでもとりわけ美しいのが、キャッサバのでんぷん糊のペーストを鳥の羽やほうきの枝につけ、柄を手描きし、珍しい性質と独特の美しい色を持つヨルバ藍を使用して藍染めしたアディレ・エレコです。

ナイジェリア ヨルバ族の藍染布 アディレ・エレコ
大判のアディレ・エレコ

エレコとは「ペーストを使った」の意味で、手描きしたでんぷん糊のペーストが剥がれないように布を藍液に浸けては乾かす工程を、深い色になるまで何度も繰り返します。糊を搔き落とすと、糊が塗られていないところは藍色に、糊を塗ったところは白く残ります。仕上げに、もう一度藍液に浸け、白く残ったところを淡い水色に染めます。ヨルバの人々のあいだではそれが美しいとされ、同時に、きちんと作られたエレコの証でもあるそうです。

現在は合成藍の出現や化学染料の普及などにより、細かいエレコを描く名人や天然藍だけを使う染め手はほとんど残っておらず、ごくわずかしか生産されていない、とても貴重な布です。

bd2c3bb3bf4fb57f0a0d982d58f5b079
アディレ・エレコのクッションカバー

アディレ・エレコの風呂敷
アディレ・エレコの風呂敷

今回は手にとっていただきやすいよう、そんな貴重な美しいアディレ・エレコを使ったクッションカバーや風呂敷などもご用意しましたので、ぜひご覧になって頂ければと思います。

AFRICAN FOLK ART アフリカの民芸・フォークアート 一覧