Casa BRUTUS 12月号にShipibo(シピボ)族の泥染め布が掲載されました

casa brutus カーサブルータス 12月号 ラグ、リネン、テキスタイル

スタイリストの中田由美さんにセレクト&スタイリング頂き、ROUND ROBINの店頭と一部オンラインでも販売をしているシピボ族の泥染めの布を掲載して頂きました。

私たちがシピボ族の手仕事に一目惚れして以来、恐らく日本で1番彼ら(シピボの人々)のことを理解し、シピボ族の泥染めの普及に長年ご尽力されてきたアヤさんのご協力を得て、ROUND ROBINでもクオリティの高いシピボのテキスタイルをご紹介できるようになりました。

テレビなどで不本意な紹介をされたりと複雑な思いもありますが、シピボ族の泥染めの布は、実物をご覧頂けば瑣末な心配を軽く吹き飛ばす、美しくも力強い独特の文様と素晴らしい手仕事に魅せられること間違いなしのペルーアマゾン奥地で作り続けられている伝統の染物です。

Casa BRUTUS 12月号では「dosa」のデザイナー、クリスティーナ・キムもお気に入りの布ということで紹介されていました。

シピボ族の布は、online storeでは只今ほとんど売り切れ状態となってしまっておりますが、まだアップできていない大判布や額装にお勧めのミニサイズの布地や小物なども店頭でご紹介しておりますので、ぜひ日曜日のショップオープン日に遊びにいらして頂けましたら幸いです。

ROUND ROBIN茅場町ショップの営業日はこちらのカレンダーでご確認頂けます。

平日は不在がちのため、ほとんど開けておりませんが、
ご希望がございましたらご調整させて頂きますのでご相談ください。
何卒よろしくお願いいたします。

 


ペルーの先住民族、シピボ族の泥染め布を使ったおしゃれな鍋つかみ&ポットマット

あけましておめでとうございます。ROUND ROBIN茅場町店の2017年初日の営業も無事終わり、
今週から通常営業(ショップは引き続き日曜日OPEN)となります。
本年も、何卒よろしくお願い致します。

ROUND ROBINの店頭には、南米ペルーのシピボ族が作るかわいらしいアルマジロと、シピボ族の泥染め布を使って日本のお母さんが作ったかわいらしいミニサイズの鍋つかみが入荷しています。

shipibo 南米ペルー シピボ族の泥染め布と木彫りのアルマジロ

シピボ族の文様が描かれた木彫りのアルマジロは現在まだ店頭販売のみとなっておりますが、
シピボ族の泥染め布の鍋つかみとミニサイズのポットマットのオンライン販売をスタートしました。

ミニサイズの鍋つかみは、おばあちゃんの綿入り半纏を思い出すような、どこかほっこりとするデザインに、いかした渋めのクレイジーパターンがおしゃれ。

鍋つかみはお願いしていた形と異なるデザインの仕上がりのため、今回限りの入荷となる可能性がございますが、大きなサイズのミトンではいちいち面倒なオーブンのトレーの出し入れや小さなサイズのスキレットや南部鉄器のフライパンを扱うときに重宝するなかなかの便利アイテム。
お料理のお供にお使い頂けたら幸いです。

シピボ族 泥染め布 鍋つかみ

シピボ族 泥染め布 ポットマット & シピボ族の泥染め 商品一覧